上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スカイ・クロラ。
今更というか前も映画館で見たんだけどそのときは空戦かっけーで終わってたので。


いつも通る道でも 違う所を踏んで歩く事ができる いつも通る道だからって 景色は同じじゃない それだけでは いけないのか それだけの事だから いけないのか?

映画終盤のセリフなんですが、たまに思いませんか?僕は思います。

ちょっとしたこういう変化に気づいて毎日を生きて行くのは素晴らしいと思います。
とても綺麗だと思う。
実際の現実って奴も大抵は劇的には変わらないし変えようとしてないと変わらないもんだと思います。
何かを変えたりするのってすごい労力がいるしなにより面倒ですよね。
例えば他人を変えようと思うなんてそれこそすごい力がいるし続けなきゃいけない。

最終的にブログタイトルのセリフを吐いて絶対に勝てないモノに立ち向かって主人公は手も足も出せず死ぬんですけどね。
本当にあっけなく。何も出来ないで…何かを変えるために行った先は変えられなかったってオチ
エンドロール後にちょっとあってどう取るかはその人次第ですかね。
まぁ解釈はいろいろあるみたいだけど。

ただ僕はそれは無駄じゃないと思うんです。だって変えようと思えたのだから、今までそれでよかったと思っていたのかは知りませんが変えようと思えたのだから自分で選んだんだから。
何が言いたいかって言うとこれじゃ駄目なんだ。いつも通る道も違うところを歩くことはできる。景色も同じじゃない。ただそれを自分で選んだのか?って。
主人公みたく死ぬことになっても選べたのならば幸せとまではいかないけど価値があるんじゃないかなと思います。

そりゃ難しいですよ。自分の変えたいものが簡単に変えられるわけじゃないですから。
例えば誰かの為に、何かの為に自分はこういう選択をした、でもそれは相手のためにならなかった余計に悪化したこんなオチだって待ってる。人が絡むとこういうことすらある。
でも。怖いけど、その何かのために未来に希望を持って動けたって事実はやっぱり価値があると思う。
未来っていうのはなにも絶望だけがあるわけじゃない。少なくとも良しにしろ悪しきにしろ何かを変えられると思うんです。その清濁合わせた未来に希望を持つのはいけないんでしょうか?諦めてしまうよりだいぶマシなんじゃないかと思ってしまう僕はガキでしょうか?
過去は変えられないけど未来だけは変えられるじゃないですか。
そのために行動するのは悪いことじゃないですよね?結果として悪くなってしまったとしても…

もし悪くなった後のことはどうすんだよ責任もてんのか?って持てないですよ。
今書きながらここで悩んでるんですけどね。
でも悪化するのが怖いからってなにもしないのは絶望しかないんじゃないかと。
と、まぁここまで管巻いて今日は終わり。


あと、『タバコを吸わない上司は信用しないことにしてるんで』ってセリフこれすごい好き。
そのあとどうしてと問われて『なんとなく』
ちょっと僕もその気がある。理由はなんとなく。

結構真面目に書いたつもりだけど文章アレだなーorz


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://cacao10.blog81.fc2.com/tb.php/72-023d6a8c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。